お知らせ&更新情報

2020/09/25 サイトをリニューアルしました

Solutions for Digital Divide

 私たちが、会社設立当初よりミッションとして掲げているテーマは、Solutions for Digital Divide(情報化格差社会の解決)です。
 パソコン、サーバーのハイスペック化、インターネット環境の拡充、それに伴うサービスの多様化により、コンピュータ化、情報化に乗り遅れることは、会社やお店にとって致命的となってしまう世の中になってしまいました。

システム開発とはたとえばどんなことができますか?

顧客管理
顧客のリピート率を上げる為に顧客の個人情報を管理し、サービス向上ツールをシステム化します。
顧客の属性からニーズにマッチした的確な情報をメール配信することが可能になります。
CTIを導入することで、スタッフの電話対応のレベルアップ、情報の共有化が可能になります。

在庫管理
在庫管理を行うことで過剰仕入れを抑制し不良在庫のリスクを軽減させ適正在庫を保ちます。
発注点検出を行うことで仕入れ発注漏れを防止するとともに発注作業を効率化します。
在庫管理の対象が商品であれば、ホームページと連動させることで、ネット販売と合わせて在庫データを一元管理する事も可能です。
在庫管理する対象は、場合によっては様々(個体、液体、箱入り数、重さ、容積等々)ですので、クライアント様のニーズに併せたシステム構築を行います。
棚卸作業ももちろん効率化されます。

各種業務支援システム
クライアント様の様々な日常業務シーンにおいて、システム化を行います。
日常業務の中で手間のかかっている作業シーンをシステム化することで、作業を効率化するとともに、作業品質もアップさせます。(ミスの減少)
クライアント様独自のニーズにより、汎用会計ソフトでは管理できない、売り上げ管理、取引先管理などのシステム開発を行います。、
今まで把握しづらかった原価管理、予定実績管理、スタッフの能力成績管理などもクライアント様のニーズに合わせてシステム開発が可能です。
現在使用している会計ソフト等とデータのインポート・イクスポートを行うことで連動させたクライアント様独自のシステム開発を行うことが可能です。
勤怠管理や作業報告管理等もニーズに合わせたシステム開発が可能です。
宿泊管理など、業種に特化したシステムでは、パッケージソフトの場合、クライアント様特有の管理ができなかったり、反対に必要のない機能が多すぎてかえって使いづらかったりするケースが良くあります。必要な部分だけを組み込んだシンプルな使いやすいシステム開発が可能です。
POSレジと連動させたり、バーコードリーダをシステムに組み込むことも可能です。

現在使用しているシステムに問題がある

システム開発会社のサポートが停止した
システム開発会社が、廃業したりサービスを停止した場合、又担当者がいなくなったりした場合、システム仕様を変更できなくなることがよくあります。現在使用しているシステムがあり、仕様を変更したい場合は、ソフトウェアの著作権(使用許諾書)において問題が無ければ、軽微な変更のみをシステムに加えることも可能ですが、当社の経験上、データベースの構成に問題があったり、ロジックが非効率であったりする場合がほとんどですので、その場合、再構築(リプレース)となります。

システムのレスポンスが悪くなった
システム導入当初は、処理スピードに問題は無かったが、データの入力件数(レコード数)が増えてくるとレスポンスが悪くなった。又、固まったり(フリーズ)する。このような場合の対応策としては、手っ取り早くパソコンの性能を上げるということが考えられますが、新しいパソコンを導入する場合にOSのバージョン(windows)とシステムアプリのバージョンが適合しないことがあります。この場合は、システムを上位バージョンのアプリで再構築する必要があります。
レスポンスの落ちた原因が、データベースの構造上に問題のある場合は、データベースの設計からやり直す必要があります。
AccessやExcelを使用しているシステムで、元々拡張性の設計に問題がある場合は、sqlサーバやmysqlにデータベースを移行しなければならないケースもあります。
原因と対応策は様々ですので、一度ご相談ください。


Copyright(c)2000-2020  PC TRAIN.Inc all rights reserved
本サイトの著作権は有限会社ピーシートレインにあります。全てのコンテンツの、複製利用を禁じます
システム開発 有限会社ピーシートレイン